2020年1月~7月までの川崎区マンションの成約件数

2020年1月~7月までの川崎区マンションの成約件数

今日から8月です。月日が経つのは早く2020年も残すところ後5か月になって参りました。
今年はコロナの影響もあり、不動産の売買取引が激変したと思われがちですが、実際はそんなに影響もなさそうです。
そこで2019年と2020年の1月から7月までの成約実績を発表いたします。

川崎区内の30平米以上、投資物件ではなく実需物件の成約取引件数です。(不動産流通機構東日本REINSからの調査)

2019年7月 24件 → 2020年7月 19件 (-5件)
2019年6月 30件 → 2020年6月 20件 (-10件)
2019年5月 20件 → 2020年5月 34件 (+14件)
2019年4月 27件 → 2020年4月 13件 (-14件)
2019年3月 32件 → 2020年3月 26件 (-6件)
2019年2月 32件 → 2020年2月 25件 (-7件)
2019年1月 13件 → 2020年1月 18件 (+5件)
総件数       178件   総件数    155件 (-23件)

2020年1月から7月までで成約取引が一番多かったマンションは
リヴァリエタワーで、18件でした。
内訳は、A棟6件・B棟8件・C棟4件でした。

次でカワサキアイランドで、16件でした。
内訳は、グレース10件・スイート3件・ブリーズ3件でした。

実際には成約件数は減っておりますが1か月平均で3.2件減で納まっておりますので、そんなに市況は悪くなってないと思われます。

当社では川崎区内のマンション
(30平米以上実需物件)の成約データを収集しております。
お気軽にお問合せ下さい。

 

一覧へ戻る